山陰放送のニュース

来年も3月に「水木しげる生誕祭」
2017年12月15日
おととし亡くなった境港市出身の漫画家、水木しげるさんのふるさとへの功績に感謝する「生誕祭」が、今年に続いて来年も水木さんの誕生月・3月に開催されることになりました。「生誕96年・水木しげる生誕祭」は来年3月3日、境港市文化ホールで、ゲストに声優の野沢雅子さんを迎えてのスペシャルトーク「ゲゲゲ談義」やクイズ大会などが予定されています。また、水木作品の妖怪やキャラクターに仮装して参加した人に限り、記念品のプレゼントがあります。この他、JR境港駅前では連携イベントが開催されます。席に余裕があれば当日参加も可能ですが事前申し込みをした人には特製招待状が届きます。
年賀状受け付け始まる
2017年12月15日
全国の郵便局で15日から年賀状の受け付けが始まり、鳥取市の郵便局では受付開始を前にイベントが行われました。鳥取中央郵便局で行われたイベントには県と県警のマスコットキャラクター「トリピー」と「ぱとろーくん」が駆けつけ、早めの投かんを呼びかけました。続いて富桑保育園の園児が県警広報犬のカリン、フーガと一緒に歌を披露しました。メールやSNSの普及などで年々減少傾向にある年賀状。中国地方では2018年用に、去年より273万2000枚少ない1億6348万枚が発行されています。日本郵便では元日に届けるには今月25日までに投かんしてほしいと呼びかけています。
給食に金属棒が混入
2017年12月14日
13日、出雲市立神西小学校の6年生の給食で、ごはんを入れておく容器の中から長さ7センチ、太さ5ミリの金属製の棒が見つかりました。配膳する前に混入に気付いたため口にした児童はおらず健康被害などの報告もないということです。混入した金属棒は、市内の炊飯センターにあるご飯をかき混ぜる機械の一部が折れたものだということです。出雲市の学校給食では今年度、異物混入が相次いでいてこれで4件目になります。
女子大生盗撮で教員を懲戒処分
2017年12月14日
今年8月、女性のスカートの中を盗撮したとして現行犯逮捕された男性教員について、島根県教育委員会は14日付けで停職6か月の懲戒処分としました。懲戒処分を受けたのは、出雲市内の特別支援学校に勤務していた54歳の男性教員です。県教委によりますと男性教員は今年8月、旅行先の大阪市で女子大学生のスカートの中をビデオカメラで盗撮したとして現行犯逮捕。その後略式起訴され罰金30万円を納付したということです。これを受け県教委は教職員の信頼を損なったなどとして男性教員をきょう付けで停職6か月の懲戒処分とし、教員は依願退職しました。県内で教職員の懲戒処分は今年度6人目ですが、うち5人が50代ということです。
島根県インフルエンザ流行入り
2017年12月13日
島根県は13日、県内がインフルエンザの流行シーズンに入ったと発表しました。今月4日から10日までの 県内の1医療機関あたりの患者数が流行開始の目安となる1人を超え、2.4人となったためで、鳥取県はすでに流行入りしています。 島根県は、手洗いなどを徹底し、流行情報に注意するよう呼び掛けています。
もっと見る