山陰放送のニュース

鳥取市で防災訓練
2018年6月24日
いつ起こるか分からない災害に備えて、24日、鳥取市で地震の揺れや炊き出しを体験する防災訓練が行われました。6月18日に大阪北部で最大震度6弱の地震が発生したことから、鳥取市浜坂地区の防災訓練には去年の2倍、120人が参加しました。そして、地震体験車で震度7の揺れを体験。また、大きな鍋を使用した炊き出し訓練では、子どもたちも加わってトン汁を作りました。このほか防災訓練では、ズボンを利用したリュックづくりや備蓄品の点検などが行われました。
北浦海水浴場海開き
2018年6月24日
海水浴シーズン到来です。松江市の海水浴場は24日が海開き、大勢の家族連れらが訪れ、初泳ぎと恒例の地引網を楽しみました。海開きを迎えたのは、松江市美保関町の北浦海水浴場です。真夏のような日差しが降り注ぐなか、海水浴場には朝から大勢の家族連れらが訪れ、初泳ぎを楽しみました。また砂浜では、関係者がシーズン中の安全を祈ったあと、恒例の地引網が行われ、子どもたちが魚のつかみ取りを楽しみました。北浦海水浴場は県内外から年間7万人が訪れる人気の海水浴場で、7月20日ごろから、本格的な海水浴シーズンを向かえるということです。
観光列車「あめつち」試運転
2018年6月23日
観光列車「あめつち」の運行が来月1日に始まるのを前に、23日、実際の運行区間で試運転が行われました。列車には、サービスを行う乗務員やJR関係者などが乗車し、弁当の提供やグッズ販売の手順などを確認しました。途中で停車した松江駅では、運行前のあめつちを一目見ようとホームで写真を撮る人の姿もありました。山陰線で初めてとなる観光列車「あめつち」は来月1日運行開始ですが、初日分のチケットはすでに完売したということです。
警察が特殊詐欺被害防止呼びかけ
2018年6月23日
鳥取県警は23日、鳥取市で開かれた家電メーカーのイベントで、 特殊詐欺を未然に防ぐ電話機を紹介するなど詐欺被害の防止を呼びかけました。 会場では警察官が特殊詐欺の手口がかかれたパンフレットを配り、 来場者に注意を呼びかけました。 特殊詐欺による被害は全国的に年々増加していて、 鳥取県内でも去年1億円を超えました。 会場には、自動で迷惑防止メッセージが流れ、 通話を録音する電話機が展示され、警察官が効果などを説明していました。 鳥取県警は急なお金の準備を求める電話やメールがあった場合は、 すぐ相談するよう呼びかけています。
40か所詳しい調査必要 鳥取県ブロック塀点検
2018年6月22日
大阪北部の地震で小学校のブロック塀が倒れ、女子児童が死亡した事故を受け、鳥取県が行った県有施設のブロック塀の緊急点検では、40カ所で詳しい調査が必要であることわかりました。鳥取県が行った県有施設の目視による緊急点検では、93カ所のブロック塀の内、19カ所で控え壁がないなど合わせて40カ所で詳しい調査が必要であることが分かりました。この中には、県立高校10校も含まれていて、 県は22日、早速2次調査を開始しました。市町村による小中学校などの点検も進められていて、県はブロック塀の改修が必要な場合は速やかに対応することを確認しました。
もっと見る